ターフが取りたいなら、ボールを正面で打つ⛳誤解を紐解きます

ゴルファー

ボールを正面で打て!

ゴルフの会話の中に必ず出てくるこのワードですが、実はこの言葉は正解なんですが、イメージしていることとギャップがあったりします。

ボールを正面で打つとはどういうことか?

結論からいうと、多くのゴルファーの誤解は

正面=顔の前に手

です。しかし本当は

正面=体幹の前に手

です。ここでは解りやすく体幹→胸と置き換えて正面=胸の前に手とします。

この顔と胸の意識の違いで、インパクトとアドレスと同じ姿だと思われています。

要はインパクト時に、顔=手=クラブ=ボールが一直線上にあるという誤解です。

しかしプロゴルファーのインパクト時の静止画は、上記のような一直線上ではなく、少し胸や腰が左を向いてハンドファーストでインパクトを迎えています。そしてアドレスとインパクト時の姿は違っています。

ゴルファー

これはプロやで出来るんや

と別問題にしがちですが、実はこの時胸の前に手があります。プロのインパクト静止画を見てみてください。しかもスウィングは一挙動で動くため、インパクト時は動作中の切り取り写真でしかありません。つまりインパクトを操作して正面で打っていないのです。アドレスから胸の前にある手を維持して振り抜けば、インパクトでも必然的に胸の前に手がある状態になります。

年齢関係なく、プロのようなボールの捉え方はできます😊

胸で対象物を見る

例えばバスケのノールックパスで右に投げると見せかけて左側の仲間にパスを出す時、顔は右を向いていても胸は瞬時に左側の仲間に向いて投げています。

これはスポーツに限りません。右側の人に挨拶をする時、顔だけ相手に向けて頭を下げてお辞儀をしても軽率と思われそうですが、胸を相手に向けてお辞儀をするとると頭を下げていなくても丁寧だととられます。

人は、対人、対物に胸で向き合います。私は胸に第三の目をもって目標を見るようにしています。日常からこの意識を取り入れているので、ゴルフの方向性が良くなりターフもとれます😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA