トップのグリップの位置は傘をさす位置

Right hand position

ゴルフでのバックスイングのトップの場所や角度や手の向きは多くの方が悩まれています。

トップの位置に関してはゴルファーの悩みトップ3に入るのではないでしょうか。

今まで私はバックスイングのトップのグリップの位置は、体幹部の中に手が収まる位置といっていました。

私もレッスンするにあたり、第三者目線でココと伝えることは出来ても、本人の感覚ではなんとなくになり、一人で練習していると段々と変化していくことをよく目にしていました。

そこで教わったのが、クラブを立てて傘に見立て

右手で傘を持つ

でした!

umbrella

このことは4スタンス理論に造詣の深い鈴木規夫プロもおっしゃています。

そんな発想ありませんでしたが、実践してみると、傘を持つ位置は確かに体幹部の中に収まっています。

右手の位置が決まったら、右手の位置を変えずに左手をグリップして捻転するとトップが完成します。

この時両肘は曲がっています。

むしろ曲げてください。

ただ体幹部の柔軟性が高くスイングスピードもある人は腕が伸びてるようにみえますが、腕を伸ばすことはNGです。

プロゴルファーの中でもトップの位置で左肘(腕)、①肘が曲がっている人②伸びてるように見える人③伸ばしている人、と3通りの人がいますが、③の意識的に伸ばしている人はいずれ高確率で怪我につながるでしょう。

傘を持つ位置は物足りない位置なので、実感を感じにくいですがそれで合っています。

あと傘を持つトップの位置にもっていけても、腕の力みや握力を使っての握りすぎは失敗するので、腕とグリップはユルユルで振ってください。

傘を持つ位置+ユルユルグリップ

力を入れることは簡単ですが、ユルユルグリップで振ることは難しいかもしれません、でもそれが出来ると楽に飛距離を出すことが出来るようになります✨

是非試してみてください😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA