上手く当たらないのは、ボールの置く位置が原因だった

ボールが上手く当たらないのはスイングのせいだと思いがちですが、実はボールの置く位置が合ってなかっただけかもしれません。

ボールを最適な位置より、外れた位置に置くとどうなるのか?

ボールの置く位置で変わる方向性などの傾向をあげていきます。

左にボールを置く

  • ボールは左に飛び出しやすいです
  • ボールの頭を叩くトップボールや、手前を叩くダフリが出やすくなります
  • ボールが高く上がりやすくなります

右にボールを置く

  • ボールは右に飛び出しやすいです
  • トップボールや、ダフリが出やすくなります
  • ボールが低く飛びやすくなります

ボールを自分と遠い位置に置く

  • ボールはクラブフェイスのトゥ側(先端)に当たりやすくなり、右に飛び出しやすいです
  • トップボールが出やすくなります

ボールを自分に近い位置に置く

  • ボールはクラブフェイスのネック側(シャフト)に当たりやすくなり、右斜め前方に飛ぶシャンクが出やすくなります
  • ダフリが出やすくなります

コースで使えるボールの位置の決め方

コースに出ると傾斜や芝の状況もあり、いつもと違う位置が最適なボールの位置ということも多々あります。

そんな時は、一度素振りをしてみてください!

その時地面をすった位置にボールがくるように構えると、ボールの最適な位置を見つけやすくなります。

ただバンカーは素振りで試せないので、上手くいっていないならいつもとボールの置く位置を変えて試してみて下さい。バンカーでボールの置く位置は右寄りが合う人、左寄りが合う人、それぞれなので、ボールを上げたいから左に置くと決めないで色々試して自分の最適な位置を探してみてください。

素振りはボールを打つイメージで振る

練習場でも素振りを地面をすらずに空中を振っている人をみかけますが、基本的にドライバー以外はどのクラブも地面をシュッとするように振ることをおススメします。空振りの練習をしても意味がないので、素振りでもボールを打つイメージは大切です。


ボールの置く位置を決めるのに素振りは非常に有効です。スイングが悪いのではなく、ボールの置く位置が悪くてミスしていたということもあるので、自分の最適なボールの位置を今一度見直してみてください😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA