昔はできていたことが、出来なくなっている真相

若い頃はスポーツ何でもできたのに、習わなくても感覚でゴルフができていたのに、最近は思うように打てなくなってしまった

このようなことをたびたび聞きます。

これは、

筋力が落ちたことが原因でも

技術を忘れたことが原因でもなく、

身体が不健康な状態になっただけです😢

この不健康な状態になった肉体を修復なり管理なりしていくとまた復活出来得ます。

プロスポーツの世界でもこうやってカムバックした例は数多くあります。

自分の身体を意のままに扱うには、自分の身体を知らなければなりません。そして身体をそれなりの機能が発揮できる状態に維持しておかなければなりません。

道具やスウィングを見直す前に今一度、

自分の身体に

  • 痛みがないか?
  • 疲れていないか?
  • 疲れてもすぐに回復できているか?

こういったことをあらためて見直してみてください。

もし痛みや疲れなどある場合は、自分の身体をゴルフが楽しめる状態に整える必要があります。

自分で整えることのできる、セルフケアリポーズ体操もあり、私はレッスン時にリポーズ体操を取り入れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA